FC2ブログ

被虐の病は治らない。

SM、fetish、CFNM…。M男の治まることのない性癖。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

被虐願望の始まり(2)

雑誌で見つけた1人の女性に予約を入れてあった。もちろん、
どんな人かわかるはずもない。
19歳の目から見れば、大人びた整った顔立ちとボンデージが
似合うスタイルの良さで決めただけだった。
待たされることもなくプレイルームに案内された。

待っている、ほんの数分が何十分にも感じられた。
部屋に入ってきた女性は、長身でスタイル抜群の方だった。
軽い挨拶を交わした後での、簡単なカウンセリング。
「どういうことが好きか?」なんて質問には答えられるはずもない。
緊張して、プレイ自体が初めてだということを伝えるぐらいしか
できなかった。

シャワーを浴びて、部屋に戻るとそこには先ほどまでとは違い、
憧れのボンデージに身を包んだ女王様がいた。
それからの約1時間のことは、ほとんど覚えてない。
頭の中が真っ白だった。
初めてということで、かなり加減をしていただいたはずだ。
それでも、記憶が飛ぶには充分だった。

乏しい記憶の中で、今でもくっきりと残っているのは、プレイが
終わったときにキスをしていただいたこと。
それまで風俗にも行ったこともなかったくせに、そのキスはなんとなく、
女王様も特別にしてくれたものだと思った。
分からないなりにも、女王様と奴隷という関係の中でキスをするなんて
行為があるとは思わなかったし、ただ単純に「女性に虐められたい」と
思っていた自分にとって、その行為は思いもよらないものだった。

結局その女王様とはそれっきりになってしまった。
学生ということもあり、1回に2万という金額は大きく、卒業して仕事
に就くまでSMクラブに行くことはなかったからだ。
それでも、初めて体験した甘美な時間は、自分の性癖を決定付けるのに
充分すぎるほどだった。
スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
[PR]

テーマ:SM - ジャンル:アダルト

  1. 2006/06/05(月) 22:04:17|
  2. 初めての経験
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

被虐願望の始まり。(1)

自分の性癖を「SM」という言葉で初めて認識したのは、
高校卒業するかしないか。
風俗雑誌をコンビニで手に取ったのがきっかけだった。
もちろん、それまでにも人と違う性癖であることは分かっていた。
それは願望や自慰行為のときの妄想として表れていた。

自分が高校生のとき、大学生や社会人はジュリアナブーム、
さらに自分が卒業した次の年からコギャルブームという、
どっちつかずな高校時代、通っていた千葉の片田舎では、
ヤンキーがまだ普通にいた。
男はもちろんだけど、女子も化粧に明るくブリーチをした髪、
スカートをそれぞれに長短でアレンジしていた。
そして、その頃主流だったのは、スカートの裾から伸びる脚を
包むのはソックスではなく黒のストッキング。
入学したての頃、先輩女子の大人びた雰囲気に憧れた。
中学の頃に覚えたオナニーは、名前も知らない先輩女子数人に
囲まれ、辱めを受ける妄想を思い浮かべるものになっていた。
思えばこの頃に、今もある光沢素材へのフェティシズムと、
複数女性によるリンチへの憧れが出来上がったんだろうと思う。


そんな被虐願望が妄想ではなくなったのが、19歳の時。
コンビニに置いてあった風俗雑誌に掲載されていたSMクラブの
女王様に、目が釘付けになった。

その一月後、期待と興奮と不安を胸に、初めてSMクラブへ赴いた。

テーマ:SM - ジャンル:アダルト

  1. 2006/06/05(月) 01:16:27|
  2. 初めての経験
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

プロフィール

morry

Author:morry
東京在住30代。
現在フリーのM男です。
経験はまだまだですが、S女性様の玩具となることに強い憧れがあります。同嗜好の方、S女性様からのメッセージを頂ければこの上ない幸せです。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

counter

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。